【事務局】〒190-0001 東京都立川市若葉町4-25-1-43-204
【国分寺スタジオ】〒185-0012 東京都国分寺市本町4-21-12
【甲府スタジオ】〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-14-10 内藤ビル2階

お気軽にお問合せください  

042-849-5449
090-2448-4778

レッスン日記を書こう

レッスン日記を書こう

~バレエが本当に上達したいと思うなら~

バレエが上達するためには、頭を使って日々のレッスンをすることがとても重要です。

学校での勉強を考えてみてください。

授業を受けるだけで、予習・復習をしなかったら、学力がつくでしょうか? 

バレエも同じことです。

週に何回かスタジオに来てレッスンをするだけで、どうやったら上手に踊れるようになるかを考えなかったら、どれだけレッスンをしても絶対にバレエがうまくなることはないでしょう。

バレエは、よく頭を働かせないと(つまり、よく考えながらやらないと)上達はしません。

バレエダンサーにとっては、自分が思い描いたとおりに、あるいは、振付家が要求するとおりに、自分の身体を自由自在に動かすことができるようになることが究極の目標ですが、日々のレッスンはその目標に到達するためのトレーニングです。

そのためには、先生や周りの生徒たちの真似をしていてはいけません。自分の頭で考えてレッスンをすることが何よりも大切です。

ソフィア・バレエ・アカデミーでは、頭を使って(考えて)レッスンをすることを最も重視しています

スタジオでは、児童中等科(年齢的には、小4~小6)以上のクラスの生徒たち全員に「レッスン日記」(レッスン・ノート)に、その日にやったレッスンの記録を書かせています。

内容は、

①(バーからセンターまで)レッスンのプログラム(アンシェヌマン)

②クラスの全員が注意されたこと

③自分ひとりが注意されたこと

④難しくてできなかったこと(なぜ、できなかったのか?)

⑤できるようになったこと(どうやったら、できるようになったのか?)

⑥その他

ソフィアでは、前回のレッスンのプログラムを繰り返して次のレッスンで行ないます(「リピート」と呼んでいます)。

ですから、生徒たちは、リピートがスムーズにできるように、レッスンの前に、ノートを読んで、前回どのようなプログラムをやったか、先生からどういう注意をされたか、どんなところに注意してレッスンをしなければいけないか、などを前もって頭に入れてからレッスンに臨みます。(学校の勉強で”予習”をするのと同じですね。)

そして、レッスンの後に「レッスン日記」を書いて、客観的に自分のレッスンを反省します。こうして、毎回、”予習”と”復習”を繰り返しながらレッスンを積み重ねることによって、バレエが上達していくのです。

これが「考えてレッスンをする」ということです。

ロシアなどの一流バレエダンサーやバレエ教師たちは、口をそろえて言います。

「バレエは頭が良くないと踊れません。」

バレエが上手になりたければ、考えてレッスンをする習慣をつけることが大事です。

まして、プロのバレエダンサーをめざしている方は、レッスン日記を書くことは、レッスンの一部だと考えるべきでしょう。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-849-5449

090-2448-4778

ソフィア・バレエ・アカデミーは、本年(2021年)7月、創立20周年を迎えました。この度、カザフ国立舞踊アカデミーから素敵なお祝いメッセ―ジが届きました。

野口栞那先生(アシスタント教師)が、6月16日に、さいたま市浦和区に「バレエ・スタジオ・ミューザ」をオープンしました。

カザフ国立舞踊アカデミーの「卒業公演」の動画をアップしました。

お問合せはこちらへ

042-849-5449
090-2448-4778

ご案内

住所

【事務局】
〒190-0001
東京都立川市若葉町4-25-1-43-204


【国分寺スタジオ】
〒185-0012
東京都国分寺市本町4-21-12


【甲府スタジオ】
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内1-14-10 
内藤ビル2階

国分寺スタジオ
アクセス

JR中央線「国分寺駅」北口より
徒歩5分

甲府スタジオ
アクセス

JR中央線「甲府駅」南口より
徒歩10分(岡島百貨店裏)

国分寺スタジオのアクセス